旧大阪中央郵便局、旧大弘ビル、旧アクティ西ビル跡地を共同ビルとして一体的に建て替える計画である。
本計画は、回遊性の高い歩行者ネットワークを整備することにより、JR大阪駅北側エリアなど、周辺との新たなつながりを形成するほか、基準階貸室面積が約 4,000 ㎡(約 1,200 坪)の西日本最大級のオフィスや、商業施設と席数約 1,200 席の劇場を設ける。
あわせて、客室数約 400 室・バンケット施設も有するホテル機能を導入する。
2025 年の大阪・関西万博に向けてさらに高まる需要を見越したものとなる。

本ビルは大阪駅直結という抜群のアクセスにあり、JR高架下貫通通路により、JR大阪駅に将来整備される新改札口と直結します。

<直結イメージ図 ※日本郵政 プレリリース引用>

<イメージ図 ※日本郵政 プレリリース引用>

現場概要

物件名 梅田3丁目計画(仮称)建設工事
用途 事務所、ホテル、劇場、店舗
物件住所 大阪市北区梅田3丁目2-4
敷地面積 12893.31㎡
延床面積 229000.00㎡
建築面積 9800.00㎡
階数 40階
地下 3階
棟数 1棟
建築主 日本郵政・大阪ターミナルビル・JTB
設計 日建設計
施工 竹中工務店
着工 2020/9/30
竣工 2024/3/31

<スポンサードリンク>


現場状況

<現場看板①>

<現場写真① ※左側がJR大阪駅>

<スポンサードリンク>


<現場写真②>

アクセス

住所:大阪市北区梅田3丁目2-4