MENU
おやまだ
関西圏のビル・ホテル・物流施設等の建築現場をブログで取り上げております。

「(仮称)PMO EX 本町三丁目PJ」野村不動産が旧大阪滋賀ビル及び旧大阪KALビル解体工事に着手

<スポンサードリンク>

野村不動産が展開しているPMO(プレミアム・ミッドサイズ・オフィス)EXシリーズが大阪市本町三丁目に建設される予定である。大規模ビルと同等の機能性とグレードを併せ持つ新しい中規模オフィスであり、先日新大阪にも同シリーズが竣工しており、新大阪と本計画を含め、計5物件の展開を予定している。

引用:野村不動産 関西エリアへ PMO シリーズを初供給、2023 年までに全 5 物件の展開を決定

あわせて読みたい
設計施工:竹中工務店【野村不動産(仮称)新大阪PJ新築工事】 にほんブログ村 ランキング参加中! ワンクリックお願いいたします! 野村不動産の新オフィスブランド「PMO EX」が新大阪駅徒歩5分の立地で建築が進められております...
過去記事

「PMO」シリーズのNEWブランド「PMO EX」とは、PMOの機能を拡張し、H¹ Salon ヒューマンファーストサロン (共用スペース)等の付加価値も加わり、貸室を分割して利用することができるようになった等、オフィスに求められる機能が拡充し、従来シリーズよりもレベルアップしたもの。

同計画は大阪滋賀ビル跡地に建設予定であるが、隣の大阪KALビル(大韓航空ビルディング)についても野村不動産が取得し、解体工事を進めようとしている。恐らく大阪滋賀ビルと大阪KALビル跡地を合わせて解体し、本計画建物を建設すると推測する。2022年1月時点では計画建物の概要については看板に記載されておらず、解体情報のみが掲載されていた。

目次

解体進捗状況

大阪滋賀ビルについては下記を参照。

あわせて読みたい
旧大阪滋賀ビル解体工事 2021年5月⇒2021年9月 解体の進捗 大阪滋賀ビルを竹中工務店が解体を着手。 工期は2020年10月1日から、2021年10月1日までの1年間で作業を行う。   21年5月時点では、全面を防音シートで覆っており...
過去記事

解体工事期間は2022年1月11日から2023年4月15日と現場看板に記載されていた。大阪滋賀ビル同様に大阪KALビルについても竹中工務店が解体工事を着手する。本計画の建築についても竹中工務店が施工を受注するのは濃厚ではないかと推測する。

現場看板
左側:大阪滋賀ビル跡地
右側建物:大阪KALビル

大阪滋賀ビルの建物については既に解体が完了し、現場看板も既に外されていた。

大阪KALビル

大阪KALビルは1975年9月に建設された築46年の建築物であった。鉄筋コンクリート造の 地上13階 地下1階 建て。情報はオフィスナビより引用。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる