MENU
おやまだ
関西圏のビル・ホテル・物流施設等の建築現場をブログで取り上げております。

「大阪駅西高架エリア開発」新駅ビル開発状況 1棟の大型クレーンが立ちあがる

<スポンサードリンク>
JR西日本 HPより引用
新駅ビル外観イメージ(うめきた2期地区側より)

JR西日本は、大阪駅の混雑緩和、新たなバリアフリールート整備および西側地区へのアクセス性向上を図る為、「新改札口整備」、「高架下開発」、「新駅ビル開発」を実施している。新駅ビルは「通路・広場・駅コンコース等」「商業ゾーン」「オフィスゾーン」で構成され、延べ床面積約59,000㎡、地上23階・地下1階、高さ約120mの高層ビルとなる。設計は西日本旅客鉄道株式会社、施工は大林組・大鉄工業 JV。

周辺鳥瞰図
うめきた(大阪)駅 路線イメージ

大阪駅の混雑緩和、新たなバリアフリールート整備および西側地区へのアクセス性向上の観点から、各ホームにアクセス可能な新たな改札口を西側高架下に整備する。うめきたⅡ期地区、うめきた(大阪)駅との接続でアクセスがかなり向上することとなる。
新改札口周辺には商業施設が展開され、高架下にバスターミナルを新設される。

目次

「大阪駅西高架エリア開発」計画概要

フロア構成
建築物の名称大阪駅西高架エリア開発
敷地の位置大阪市北区大深町19番10の一部
梅田3丁目138番、189番、140番141番1の一部
建築物の主要用途駅施設、事務所、物販店舗、飲食店舗
建築面積3,690.46㎡
延べ面積60,095.44㎡
容積対象面積57,895.73㎡
構造S造 一部SRC造
高さ121.6㎡
階数地上23階 地下1階
工事着手予定時期2021年2月末日
工事完了予定時期2024年6月末日
建築主西日本旅客鉄道株式会社
大阪ターミナルビル株式会社
設計者西日本旅客鉄道株式会社
工事施工者株式会社大林組 大鉄工業株式会社 JV
計画概要
現場看板

オフイス賃貸面積は約23,000平方メートル。低層部には広場空間を設ける。新駅ビルの運営主体は大阪ターミナルビル株式会社を予定。

あわせて読みたい
2021年10月再更新:大阪駅西高架エリア開発 現時点でクレーンが3棟 大阪駅周辺では、東海道線支線地下化・新駅設置事業やうめきた2期地区開発計画など、大阪駅西側地区を中心に、周辺地域との一体的なまちづくりが進められています。 大阪...
↑過去記事もご参照ください↑
<スポンサードリンク>

「大阪駅西高架エリア開発」現場状況

1棟の大型クレーンが立っていた
鉄骨の一部が確認できた
現場内部写真

アクセス

住所:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3丁目

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる