MENU
おやまだ
関西圏のビル・ホテル・物流施設等の建築現場をブログで取り上げております。

「箕面市新市立病院」整備に向けた検討を重ねる/300~350床程度の新病院を民間医療法人が経営か

<スポンサードリンク>
箕面市HPより引用
箕面新市立病院建設予定地図

箕面市立病院は昭和56年の竣工から40年以上経過しており、老朽化及び施設構造上の制約により、最新の医療機器を導入できないなどの課題があることから市立病院の移転立て替えを決めている。
現在の市立病院は病床数が267床しかなく、医療ニーズへの対応や診療体制の充実が難しくなることから、新病院では300~350床で検討を進めている。病床を確保するにあたり、国が推し進める病院の再編統合制度を活用することとし、民間の医療法人が運営することを検討している。

参考(過去記事):箕面市民病院 移転 新病院建設 建設予定地の現状

目次

新病院建設予定地

箕面市立病院HPから引用

市立病院の移転先は、東船場地区のCOM1号館跡地を予定。令和5年度末に開業予定の北大阪急行線延伸線の新駅「箕面船場阪大前駅」から300m(徒歩約4分)の好立地で利便性が向上する。

アクセス

住所:〒562-0035 大阪府箕面市船場東1丁目1−38

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる