MENU
おやまだ
関西圏のビル・ホテル・物流施設等の建築現場をブログで取り上げております。

「箕面船場阪大前駅エントランス他整備工事」地下部の工事が進む/地下3階〜地上2階のパブリックスペース等を整備

<スポンサードリンク>
現場看板
「箕面船場阪大前駅」駅前広場の完成イメージ
地下階の完成イメージ

北大阪急行線が千里中央駅から箕面萱野駅まで延伸し、中間駅として箕面船場阪大前駅が設置されるのを契機に、船場地区では大きく再開発を実施している。【箕面船場阪大駅前エントランス他整備工事】では、地下駅である箕面船場阪大前駅の改札階から地上2階までを結ぶ吹き抜け空間を有したエントランスを整備する。エントランスには、改札階から地上2階のメインデッキまで直通するエスカレーターや各階に停まるエレベーターを設置予定。完成は2023年にオープンを予定しており、施工は村本建設が着手する。

目次
<スポンサードリンク>

現地の様子(22年10月)

西側から撮影
地下部の工事が進められている
地下部撮影
22年7月よりもコンクリート工事が進められているようだ

地上S造、地下RC造、一部SRC造で、地上2階〜地下3階の構造となる。
パブリックスペース・カフェ・ギャラリー・トイレ・倉庫・機械室が整備される予定。
設計は東畑建築事務所が手がける。

1機のタワークレーンが確認できる

現地の様子(22年7月)

北側から撮影
1機のクレーンが確認できる
西側から撮影
前回取材時と同じく、地下階を着手している模様

現地の様子(2022年5月)

設計が東畑建築設計、施工が村本建設と現場看板より確認できる
右奥建物:箕面市立文化芸能劇場
真中建物:大阪大学箕面キャンパス
現在、地下部を採掘中のように見えます
広場側を撮影

アクセス

住所:〒562-0035 大阪府箕面市船場東3丁目2−8付近

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる