MENU
おやまだ
関西圏のビル・ホテル・物流施設等の建築現場をブログで取り上げております。

「アーバンネット御堂筋ビル/(仮称)御堂筋淡路町ビル建設工事」低層階の鉄骨工事が進む

<スポンサードリンク>
イメージパース
NTT都市開発株式会社ニュースリリースより引用

NTT都市開発が進める「アーバンネット御堂筋ビル」の開発工事について、現在、低層階の鉄骨工事が進み始めている。本計画地は、ビジネス集積地である淀屋橋―本町エリアの中心に位置しており、大阪のメインストリートである御堂筋に面しており、御堂筋沿いにまた1つランドマークとなる建物が誕生することとなる。
建物規模は、地上 21 階、地下 2 階、延床面積約 42,362 ㎡。設計施工は鹿島建設が着手。2024年1月末に竣工を予定。当初予定より1か月ほど遅れが発生している模様。

「WELL認証」の予備認証ロゴ

ビルやオフィスなどの空間を、「人間の健康」の視点で評価・認証する「WELL認証(WELL Building Standard)の予備認証を取得したことを2022年6月27日にNTT都市開発のニュースリリースで発表。
外気に触れ、眺望を楽しみながらワーカー同士がコミュニケーションを取ることができるテラス(3階・11階・屋上)や、テナント専用の11階ラウンジでは、日々の食生活で不足しがちな果物や野菜の提供、販売する食品や飲料の成分表示等を通して、バランスの良い食生活をサポート。タッチレス入退館システム、ラウンジや店舗の混雑度を表示するICTツールをはじめ、クリーンな空気を提供する高機能なフィルターを備えた空調機器等を整備し、利便性の向上と感染症対策の両方を実現。
引用:「アーバンネット御堂筋ビル」新築計画において関西初、「WELL認証(WELL Core)」の予備認証を取得~Well-beingなワークプレイスを創出~

あわせて読みたい
UD御堂筋ビル及びアネックスビル跡地 (仮称)御堂筋淡路町ビル新築工事「アーバンネット御堂筋ビル」 計画建物外観パース   NTT都市開発株式会社は、御堂筋淡路町敷地においてUD御堂筋ビルおよびアネックスビルの解体工事を実施し、解体を完了させた。その敷地...
↑過去記事はこちら↑
目次

解体前建物情報

解体工事名称御堂筋淡路町計画解体工事
工事場所大阪市中央区淡路町4丁目30番地 <UD御堂筋ビル・アネックスビル>
工期2020年3月 ~ 2021年6月末(地上解体工事)
解体建物概要<UD御堂筋ビル>  延床面積 23,454㎡ 地上9階
<アネックスビル> 延床面積  2,955㎡ 地上9階
解体工事施工者鹿島建設株式会社
※NTT都市開発 ニュースリリース 引用
御堂筋淡路町敷地(大阪市中央区淡路町4丁目30番地)における解体工事の着手について

新築現場概要

建築物の名称(仮称)御堂筋淡路町ビル新築工事
敷地の位置地名地番:大阪市中央区淡路町4丁目30番2の一部
住居表示:大阪市中央区淡路町4丁目
建築物の主用途事務所、店舗、集会所、駐車場
敷地面積2,770.88㎡
建築面積2,235.77㎡
延床面積42.362.02㎡
容積対象床面積35,968.31㎡
構造S造(CFT構造)、一部SRC・RC造
高さ100.0m
階数地下2階、地上21階、塔屋1階
工事着手予定時期令和3年7月1日
工事完了予定時期令和6年1月31日
建築主エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
設計者鹿島建設株式会社
工事施工者鹿島建設株式会社
建築計画のお知らせ看板より引用
建築計画のお知らせ看板

現地の様子(22年6月)

南西より撮影
西から撮影
北東より撮影

アクセス

住所:〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町4丁目2−15

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる