全国最大のホテルネットワークを展開する総合都市開発のアパグループは、(仮称)アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉を計画しており、20年8月に起工式を執り行っている。
現在大阪では2つのタワー型ホテルを計画中で、その1つ目となる本ホテルは、西日本最大級ホテルであり、展望プール・大浴場・レストラン・テナントなど設け、宿泊だけでなくリゾート目的でも利用できるホテルとなっている。
大阪は2025年に大阪万博が控えており、需要の期待できるエリアであることから、西日本最大となるアパホテル&リゾート〈大阪難波駅タワー〉(40階建・全2,060室)の計画も着実に進んでいる。

(仮称)アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉は、西日本最大客室数となる全1,704室、地上34階建の超高層タワー型ホテルとなる。
客室構成はシングル、ダブル、ツインといった標準客室のほか、スイートルーム、デラックスツインルーム、トリプルルームやコネクティングルームなどを計画し、幅広い層の需要に対応ができる。
館内設備として、最上階に展望レストランや展望プールを設け、大浴殿・露天風呂、大型レストラン、フィットネス施設のほかに、カフェやエステ、コンビニ等を計画している。
都会に居ながらリゾート気分を味わえ、滞在そのものを楽しめる「アーバンリゾート」として、大阪梅田エリアの新たなランドマークとなるホテルを目指す。

<仮称)アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉完成予想外観パース>

※上記、APAグループ ニュースリリースより引用

現場概要

物件名 (仮称)アパホテル&リゾート<大阪梅田駅タワー>新築工事
用途 ホテル
物件住所 大阪市北区曽根崎2丁目1番ほか
敷地面積 3127.33㎡
延床面積 35602.36㎡
建築面積 1622.48㎡
階数 34階
地下 0階
棟数 1棟
建築主 アパホーム株式会社
設計 IAO竹田設計
施工 熊谷組
着工 2020年8月下旬
竣工 2022年12月中旬

<スポンサードリンク>


現場状況

<現場看板①>

<現場看板②>

<スポンサードリンク>


<現場写真①>

<現場写真②>

おやまだ
おやまだ
まだ更地です

アクセス

住所:大阪市北区曽根崎2丁目1番ほか