2021年2月25日に大塚製薬株式会社は、大阪府箕面市に医薬品事業の新たな研究施設となる「大阪創薬研究所(仮称)」を建設するにあたり、起工式を行った。
医薬品事業において、中枢神経領域、腎・循環器領域、がん領域などを中心に幅広い疾患領域を対象に研究開発に取り組む為の研究施設となります。
新研究所は環境配慮において最高ランクを目指した設計とし、2022年夏の開所を予定しています。
従業員は200名を予定している。

現場概要

現場名 大塚製薬株式会社(仮称)大阪創薬研究所プロジェクト
建設区域 箕面市彩都粟生北5丁目1番地
用途 研究所
建築行為面積 32,241.51㎡
構造 鉄骨造 鉄筋コンクリート造
建築面積 7,000㎡
計画戸数(区画数) 0戸
建築延べ面積 27,000㎡
高さ 22m
階数・棟数 地上4階 地下1階 3棟
建築主 大塚製薬株式会社
設計 鹿島建設株式会社
施工 鹿島建設株式会社
工事予定期間 2020年11月1日~2022年7月31日

大塚製薬ニューリリース:https://www.otsuka.co.jp/company/newsreleases/assets/pdf/20210225_1_01.pdf

現場状況

<建築計画の概要 看板>

<開発許可標識 看板>

<スポンサードリンク>


<現場看板>

<現場写真>

アクセス

住所:箕面市彩都粟生北5丁目1番地