MENU
おやまだ
関西圏のビル・ホテル・物流施設等の建築現場をブログで取り上げております。

「ESR 川⻄ディストリビューションセンター/(仮称)川西市舎羅林山産業団地開発事業」ESR関西最大規模の物流施設 設計:㈱近畿日本コンサルタント/施工:五洋建設㈱ と判明

<スポンサードリンク>
現場入り口
工事関係者以外は立入ができない

ESR株式会社が兵庫県川西市にある舎羅林山地区で大型物流施設を建設する。1期、2期合わせると関西最大規模の物流施設が誕生することとなる。舎羅林山地区はは1990年代ににニュータウン開発が計画されていたが、バブル崩壊後の経済低迷で事業者が相次いで撤退。長年更地の状態であったが、この度、土地の有効活用に大きく前進した。
ESRは今回、敷地⾯積 505,647 ㎡(152,958 坪)の⼟地を購⼊し、1期目は敷地⾯積 144,852 ㎡(43,818 坪)に物流施設 2 棟(A・B)の建設を実施。、A・B 棟ともに 2023 年 7 ⽉着⼯、2024 年 12 ⽉竣⼯を予定。2 期⽬は 2025 年以降に物流施設 2 棟を建設する予定だが、現時点では詳細情報なし。上記完成イメージを見るに、2期目のほうが更に大型の物流施設できるのではと推測する。
今回、現地に取材に向かったところ、現場看板より、設計は㈱近畿日本コンサルタント、施工は五洋建設㈱ということがわかった。現場看板の記載から、1期及び2期工事も同社が受注するものと思われる。

あわせて読みたい
「ESR 川⻄ディストリビューションセンター」ESRが関西最大規模の物流施設を川西市に開発 ESR プレスリリース引用右2棟が1期計画/左2棟が2期計画 ESR株式会社が兵庫県川西市にある舎羅林山地区で大型物流施設を建設する。1期、2期合わせると関西最大規...
↑過去記事はこちら↑
<スポンサードリンク>
目次

現地看板を確認

開発行為許可標識
工事の期間令和3年12月27日から令和9年6月30日まで
開発区域に含まれる地域の名称川西市東東畦野長尾1番5の一部外
開発区域の面積開発区域面積:762,354.27㎡
関連区域面積:161,047.43㎡
合計面積  :923,401.70㎡
工事の名称(仮称)川西市舎羅林山産業団地開発事業
事業主株式会社近畿興産
ESR株式会社
川西1特定目的会社
川西2特定目的会社
川西3特定目的会社
工事施工者五洋建設株式会社
設計者株式会社近畿日本コンサルタント
開発行為許可標識より引用

工事の期間が令和9年(2027年)6月30日であることから、2期工事の竣工は2027年になると推測する。

1期 建築計画概要

名称ESR 川⻄ディストリビューションセンター
所在地兵庫県川⻄市東畦野、東多⽥の各⼀部
敷地面積[全体]505,647 ㎡(152,958 坪)[1 期⽬計]144,852 ㎡(43,818 坪)
延床面積(A)89,800 ㎡(27,160 坪)/(B)95,700 ㎡(28,950 坪)
用途地域工業地域
構造(A・B)地上 6 階建 免震構造
着工(A・B)2023 年 7 ⽉(予定)
竣工(A・B)2024 年 12 ⽉(予定)
プレスリリースより引用
まだ2期工事の概要は不明

アクセス

住所:〒666-0117 兵庫県川西市東畦野

【⾞】新名神⾼速道路「川⻄ IC」より 3.8km 【電⾞】 能勢電鉄妙⾒線 「⼀の⿃居」駅より 200m

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる