MENU
おやまだ
関西圏のビル・ホテル・物流施設等の建築現場をブログで取り上げております。

「池田阪急ビル解体工事」解体工事は森組にて着手/解体工事期間は2023年2月末迄

<スポンサードリンク>
阪急電鉄 宝塚線 池田駅

阪急池田駅の目の前に位置する「池田阪急ビル」が解体工事を実施している。解体工事期間は2022年4月19日から2023年2月28日までを予定。地上5階建てのビルだった。
池田阪急ビルには阪急バスの乗り場(池田西のりば)があったが、ビル解体により、閉鎖し移転している。
解体工事の発注者は阪急電鉄株式会社。解体工事は株式会社森組が着手。
現状、跡地に何ができるかは不明。情報が入り次第、更新します。

目次

現地の様子(22年6月)

北東より撮影

建物全体はフェンスで囲われている。東側(駅側)の棟を先行して解体するものと思われる。

北から撮影
現場看板

アクセス

住所:〒563-0056 大阪府池田市栄町2−1

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる