MENU
おやまだ
関西圏のビル・ホテル・物流施設等の建築現場をブログで取り上げております。

「ラオックス道頓堀店」建物の解体工事が実施される/解体工事期間は2022年8月末迄

<スポンサードリンク>

総合免税店のラオックス道頓堀が2021年9月に閉店し、建物については解体工事が実施されている。解体工事は2022年8月までを予定。現状、跡地に何ができるかは不明。
元々、サミー(東京都品川区)が土地を所有していたが、特定目的会社ベンチャーC(東京都港区)に売却済。
引用:大阪・道頓堀の商業施設が建つ土地を売却/譲渡益は152億円/サミー(建築ニュース)

目次

現地の様子(22年6月)

フェンス・防音シートで覆われている
西側から撮影
解体業者は株式会社大都

アクセス

住所:〒542-0071 大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目8−22

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる