MENU
おやまだ
関西圏のビル・ホテル・物流施設等の建築現場をブログで取り上げております。

【現地取材】完全会員制リゾート「サンクチュアリコート琵琶湖 ベネチアンモダンリゾート」2024年10月開業

<スポンサードリンク>
外観 イメージパース
公式HPより引用
車寄せ イメージパース

リゾートトラスト㈱は、滋賀県高島市に完全会員制リゾートホテル「サンクチュアリコート琵琶湖 ベネチアンモダンリゾート」の建設を進めている。既に会員権は2022年3月23日販売開始している。
当ホテルは、2021年6月に会員権販売開始したサンクチュアリコート高山(岐阜県)に次ぐ、新ブランド“サンクチュアリコート”の第2弾であり、2024年10月の開業を予定。
客室は全室スイートルーム、全室レイクビュー。「ロイヤルスイート」、「ラグジュアリースイート」、「クラブスイート」の3 タイプ。ホテル内には、鉄板焼を備えた日本料理レストラン、中国料理レストラン、イタリア料理レストランのほか、ボールルームではブッフェを開催し、地産地消にこだわった選りすぐりの食材でもてなす。
総事業費は約336億円(予定)で、会員権価格は「743万円」(消費税込、クラブスイート年間10泊タイプ:1部屋36口)~3,475万円(消費税込、ロイヤルスイート年間20泊タイプ:1部屋18口)

一般人ではとても宿泊できない価格帯。インバウンド需要を見越しての計画でしょうか。

目次

物件概要

名称サンクチュアリコート琵琶湖 ベネチアンモダンリゾート
所在地滋賀県高島市安曇川町下小川字北浜1113 外27筆(地番)
名神高速道路「京都東」I.Cより約50分(約45km)
北陸自動車道「木之本」I.Cより約50分(約42km)
JR湖西線「近江高島」駅よりタクシーで約8分(約4km)
JR湖西線「安曇川」駅よりタクシーで約10分(約4.5km)
用途地域指定なし
地域指定非線引都市計画区域、琵琶湖国定公園第三種特別地域、河川保全区域
景観計画区域 景観形成推進区域 水辺景観地区 琵琶湖地区
建ぺい率70%(ただし、琵琶湖国定公園第三種特別地域により20%に制限されます)
容積率200%(ただし、琵琶湖国定公園第三種特別地域により60%に制限されます)
開発面積91,122.53m²
敷地面積91,121.53m²
建築面積15,194.97m²
延床面積37,231.38m²
構造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
規模地上3階、地下1階
総客室数167室
付帯施設イタリア料理レストラン、中国料理レストラン、日本料理レストラン、ラウンジ&バー、
ボールルーム、スパ(内風呂、炭酸泉風呂、露天風呂、サウナ)、トリートメントサロン、
インドアプール、トレーニングジム、エグゼクティブルーム、ブティック、ドッグラン等
開発許可番号高島市指令都開第000025号(2017年6月26日)、高島市指令都開第000025-1号(2022年3月2日)
建築確認番号第H29確認建築GBRC00031号(2017年9月29日)、第R03確更建築GBRC00053号(2022年3月16日)
建物竣工2024年8月(予定)
開業2024年10月(予定)
設計・監理株式会社日建設計
内装設計株式会社日建スペースデザイン
施工株式会社竹中工務店
事業主・売主リゾートトラスト株式会社
公式HPより引用

現地の様子(2022年7月)

西側より撮影
現場看板
現場内部
まだ造成工事中の様子
北東側から撮影
奥(琵琶湖側)に1機のクレーンが確認できる
鴨川から撮影

ホテル入口目の前にかなり大きいメガソーラー発電所がある。
見た目的にはマイナスである。

内装イメージパース

エントランス
ラウンジ

かなり幻想的な建物だということがわかります。
他、イメージパースはリゾートトラスト社のプレリリースをご参照ください。
引用:完全会員制リゾートホテル「サンクチュアリコート琵琶湖 ベネチアンモダンリゾート」3月 23 日(水)より会員権販売開始

アクセス

住所:〒520-1223 滋賀県高島市安曇川町下小川

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる