MENU
おやまだ
関西圏のビル・ホテル・物流施設等の建築現場をブログで取り上げております。

「御池阪急ビル解体工事」工事発注者は阪急阪神不動産/解体後の用途は現時点で不明

<スポンサードリンク>
解体前建物写真
CBRE社 HP引用

御池阪急ビルが昨年より解体工事が進められ、現在は更地の状態となっている。
解体工事発注者は阪急阪神不動産。解体後の用途は不明ではあるが、ホテルかマンションが建設されるのではないかと思う。
解体業者は三貴㈱。

参考:労災保険関係成立票
目次

解体建物概要

物件名御池阪急ビル
所在地京都府京都市中京区下丸屋町(御池通河原町東入、河原町通御池下
最寄り駅京都市営地下鉄 京都市役所前
竣工年月1973年12月
規模地上9階 地下1階
構造鉄骨鉄筋コンクリート造
延床面積948.53坪 / 3,135.63m2
駐車場なし
エレベーター数2基
CBRE社 HP引用

現地の様子(2022年7月)

建物は既に解体済
御池通りに面しており、地下鉄京都市役所前から徒歩1~2分圏内

アクセス

住所:〒604-8006 京都府京都市中京区下丸屋町河原町通御池下る東入413−3

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる